子どもに愛を伝えるスピーチイベント

理念

私たちがこのイベントに懸ける想い
日本の子どもたちと、親である僕たちに今できることを伝えます

第1回 開催結果

記念すべき 第1回 「私は自分の子どもが大好き大賞」のイベント開催のようす

第2回以降のわたこどへのかかわり方

壇上スピーカーになりたい
スタッフに加わりたい
サポーターになりたい
はこちらから

第2回わたこどスピーカー&観覧者大募集!!

NPO会員は観覧無料です

NPO法人Wonder Children理事長のオダユズルです。

世界一愛があふれるイベント♥

『私は自分の子どもが大好き大賞』

あの感動の第1回から7ヶ月。

2回わたこどの

【スピーカー募集】(216日エントリー締め切り)と

【前売観覧チケット】

の販売をスタートします!!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

今回は【お子様の年齢制限はございません】ので、

成人されていてもエントリー可能です♥

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

スピーカーエントリーフォーム

https://forms.gle/DKWgSGhnaYqYXF1f9

前売観覧チケット申し込み

https://watakodo2.peatix.com/

【開催日時】202055日(祝)12:0015:30

【会場】日本橋公会堂 ホール

「水天宮前」駅 6番出口から徒歩2

「人形町」駅 A2出口から徒歩5

http://www.nihonbasikokaido.com/shisetsu#access

【定員】424

【主催】NPO法人Wonder Children

【スペシャルコメンテーター】

3名の方々にお越しいただきます♥

☆吉井奈々さん(大人の気配り講座代表)

☆池川明さん(胎内記憶研究の第一人者)

☆田中孝太郎さん(天才キッズ理事長)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

FBイベントページ

https://facebook.com/events/512898199244869/?ti=icl

【どんなイベント?】

“わが子に「大好き」を伝えよう”

『私は自分の子どもが大好き大賞』は、

子どもが親から100%の愛情を受け取り

「自分のことが大好き」と思える社会を

当たり前にすることを目的に

「どんなにあなたのことが大好きなのか」

「生まれてきてくれたことへの感謝」

「子育てを通して感動したエピソード」など

親から子へ10分間のスピーチを行い

観覧者の投票により日本一を決定する大会です。

【基本理念】

子どもが親から100%の愛を受け取り

「自分のことが大好き」になることで

社会に貢献できる幸せな大人を育てる

【ビジョン】

日本の子どもの自己肯定感を世界一にする

【コンセプト】

親から子へ“言葉”を通して

愛を伝えるスピーチイベント

イベント開催に向けて、以下を募集します。

A:壇上スピーカー

B:観覧希望者

募集概要☆

:壇上スピーカー

当日スピーカーとして登壇していただく方(エントリー無料/選考あり)

応募条件☆

1 お子様をお持ちの父親または母親(妊娠中も可)※年齢制限はございません

2 5/5当日に壇上スピーカーとして参加できる方

スピーカー選考の流れ

①エントリーフォームより応募

https://forms.gle/DKWgSGhnaYqYXF1f9

10分以内のスピーチ動画を提出(2/16〆切)

YouTubeに限定公開した動画URLの提出

提出方法は①の応募者にご案内いたします。

③わたこど理事によるスピーカー選考

④壇上スピーカー発表(3/8予定)

⑤オダユズルによるスピーチコンサル&練習

⑥イベント当日(5/5 AM~リハーサル)

スピーチ例:

子どもが生まれる前と後で変わったこと

子どもの大好きなところや良いところ

子育てを通しての気づきや学んだこと

子どもを認める(承認する)ことの重要性

悩みや苦労を乗り越えたエピソード

子どもに接する時に心がけていること

子育ての中で周りの人と協力することにより得たこと

など

1回のスピーチ映像は本文下の

映像集

にリンクがあります

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

:観覧希望者

『第2回私は自分の子どもが大好き大賞』

【開催日時】202055日(火・祝)12:0015:30

【会場】日本橋公会堂ホール

【定員】424

【参加費】一般:2,000円(前売)

高校生以下:無料(お申込み必要です)

【前売観覧チケット申込】

https://watakodo2.peatix.com/

【アクセス】日本橋公会堂

「水天宮前」駅 6番出口から徒歩2

「人形町」駅 A2出口から徒歩5

http://www.nihonbasikokaido.com/shisetsu#access

小さなお子様連れの方へ

イベント当日は親子席をご用意する予定ですが、託児はございませんのでご注意ください。

☆映像集☆

『第1回私は自分の子どもが大好き大賞』

2019512日 新宿文化センター小ホール

オープニング映像

https://youtu.be/K_te8-mtSBY

スピーチ映像

①「世界一大好きな娘たちへ」河崎牧子さん

https://youtu.be/932hUyayAgw

②「娘がおしえてくれた’ありがとう」高橋朋彦さん(審査員特別賞)

https://youtu.be/tm8mmD622IU

③「ダメな子なんて一人もいない」外園愛梨さん(感動大賞)

https://youtu.be/uQ16R4IyalI

④「お父さんのたった一つの願い」金崎嘉治さん

https://youtu.be/WZEZqbnbapI

⑤「お母さんの笑顔の秘訣」齋藤智美さん

https://youtu.be/55SqTXSZAPM

⑥「パパは息子の応援団長」友野貴弘さん

https://youtu.be/17nxEUT1C0c

エンディング映像

https://youtu.be/a4qyKUQedx8

■PR映像

主催者”オダユズル”と

YouTube講演家鴨頭嘉人さんとのインタビュー動画

https://www.facebook.com/2069320693105222/videos/1136317419882407/

~最後に~

主催者の想い

日本の子どもの自己肯定感(自分は価値がある存在と認めている状態)は他国と比較して3分の1以下と

先進国で最も低い結果です。

「わが国と諸外国の若者の意識に関する調査(平成25年度に内閣府 調査)」より

自己肯定感が低い赤ちゃんなどいないように

生まれた時は誰もが自己肯定感が高く

たくさんの愛の言葉を受けて育ちます。

しかし、子どもが大きくなるにつれて

「親子なんだから愛してるに決まってる」

「言わなくても分かってるはずだ」

親から子どもへの言葉の愛情不足や

「言うことを聞いたら愛してあげる」

「良い子でいたら愛してあげる」

いつしか愛は条件付きの愛に変わり

気付けば叱ってばかりの日々

言葉で「大好き」を伝えることを

忘れてしまっているのが現状です。

「ママ(パパ)は○○ちゃんのことが大好き」

「生まれてきてくれてありがとう」

無条件の愛を言葉にして伝え続けることで

子どもは自分の中の愛を育むことができるのでは

ないでしょうか。

また、愛のスピーチを聴くことは

あなたの中の愛を思い出すきっかけにもなります。

ぜひこのイベントを通して愛溢れる社会を実現しませんか?

日本から世界に愛のムーブメントを♥♥♥

発起人:NPO法人Wonder Children理事長

    織田弦(オダユズル)

「私は自分の子どもが大好き大賞」

に関するお問合せ

メール:wonderchildren.info@gmail.com

(わたこど事務局宛)